フリーバーズ

記事一覧(25)

PWG「2016 BOLA バトル・オブ・ロサンゼルス」DVD/ブルーレイ入荷しました

日本で唯一の米インディープロレス專門ネット通販 フリーバーズ (ヤフーショッピング)に、PWG(Pro Wrestling Guerrilla)「2016 Battle Of Los Angels バトル・オブ・ロサンゼルス」DVD/ブルーレイが入荷しました。《2016 BOLAトーナメント 参加選手(発表順)》コーディ・ローデス(元WWE スターダスト)カマイタチ(新日本プロレス 高橋広夢)ジェフ・コブ(アテネ五輪 レスリング グアム代表)マーク・ハスキンス(イギリス出身)ダルトン・キャッスル(ROH)ピート・ダン(イギリス出身)サミ・キャラハン(第21代AAWヘビー級王者)トミー・エンド(オランダ出身)トレバー・リー(第75代TNA Xディビジョン王者)セドリック・アレキサンダー(アダム・コールの代わりに参戦)ジョン・ヘニガン(元WWEジョン・モリソン、LUジョニー・ムンド)トマソ・チャンパ(ジャック・ギャラガーの代わりに参戦)クリス・ヒーロー(第13代PWG世界王者、元IWAミッドサウス王者)マーク・アンドリュース(TNAマンドリュース イギリス出身)リコシェ(2014年BOLA優勝者、第18代オープン・ザ・ドリームゲート王者)マシュー・リドル(マット・リドル 元UFCファイター)マーティー・スカール(イギリス出身)マット・サイダル(第45&47代IWGPジュニアタッグ王者)カイル・オライリー(2013年BOLA優勝者、第22代PWG世界王者)フェニックス(ペンタゴンJr.の弟)ザック・セイバーJr.(2015年BOLA優勝者 イギリス出身)ウィル・オスプレイ(2016年ベスト・オブ・ザ・スーパー・ジュニア優勝者 イギリス出身)ペンタゴンJr.(第22代AAWヘビー級王者)獣神サンダーライガー(新日本プロレス)

ROH&新日本プロレス合同興行北米ツアー2016DVDのご予約受付開始のご案内

5月に、北米4都市で行われた"ROH&新日本プロレス合同興行北米ツアー2016"のDVDが、ついにROHで発売開始いたしました。 そこで、当店でも本日よりご予約受付を開始させていただきます。 新日本プロレスから棚橋弘至、オカダカズチカ、内藤哲也、獣神サンダーライガー、石井智宏、KUSHIDA、外道、ヨシタツ、そして、海外武者修行中の高橋広夢ことカマイタチも参戦した、今回の合同興行。 今年はシカゴリッジ(シカゴ郊外)、ディアボーン(デトロイト郊外)、トロント、ニューヨークと、4都市をまわる大々的なツアーへと規模を拡大して行われました(昨年、一昨年は、ニューヨークとトロントのみ)。 アメリカ、カナダで繰りひろげられた激闘を、是非、DVDでご覧ください!!!「Global Wars 2016」(5月8日イリノイ州シカゴリッジ)ジェイ・リーサル vs. コルト・カバーナ、棚橋弘至&マイケル・エルガン vs. オカダカズチカ&ムース、石井智宏 vs. ボビー・フィッシュ、内藤哲也 vs. カイル・オライリー、獣神サンダーライガー&チーズバーガー vs. アディクション、KUSHIDA、マット・サイダル、アレックス・シェリー&クリス・セイビン vs. バレット・クラブ「War Of The Worlds 2016 - DEARBORN」(5月9日ミシガン州ディアボーン)ブリスコズ、コルト・カバーナ&モーターシティ・マシンガンズ vs. バレット・クラブ、内藤哲也&ジェイ・リーサル vs. reDRagon、棚橋弘至&マイケル・エルガン vs. オール・ナイト・エキスプレス、石井智宏 vs. ムース、KUSHIDA vs. ダルトン・キャッスル、ハンソン&レイモンド・ロウ vs. オカダカズチカ&外道「War Of The Worlds 2016 - TORONTO」(5月11日カナダ トロント)ケニー・オメガ、マット・ジャクソン、タマ・トンガ&トンガ・ロア vs. ジェイ・リーサル、ロドリック・ストロング&ブリスコズ、KUSHIDA vs. カイル・オライリー、棚橋弘至、ヨシタツ&マイケル・エルガン vs. ケニー・オメガ&ヤングバックス、内藤哲也 vs. ムース、オカダカズチカ vs. マット・サイダル、獣神サンダーライガー&チーズバーガー vs. オール・ナイト・エキスプレス、ACH vs. リオ・ラッシュ、石井智宏 vs. ウィル・フェラーラ、ダルトン・キャッスル vs. 外道「War Of The Worlds 2016 - NYC」(5月14日ニューヨーク州ニューヨークシティ)ジェイ・リーサル&ローデリック・ストロング vs. アダム・コール&マット・ジャクソン vs. オカダカズチカ&石井智宏、内藤哲也 vs. ACH、棚橋弘至 vs. マット・サイダル、KUSHIDA vs. サイラス・ヤング、獣神サンダーライガー&ブリスコズ vs. ゲリラズ・オブ・デスティニー&ハングマン・ページ

PWG(Pro Wrestling Guerrilla)

http://freebirds.theshop.jpアメリカ西海岸カリフォルニア州ロサンゼルス・サンフェルナンド・バレー地区のリシーダという街に、アメリカン・リージョン・ポスト#308という建物がある。そこは、PWG(Pro Wrestling Guerrilla)の常打ち会場として、今やウエスト・コーストのプロレスの聖地とも言われている、米インディーファンにはお馴染みの会場である。PWGは、2003年にサザン・カリフォルニアで活動している6人のプロレスラー有志が作ったプロモーション。「PWGオリジナル・シックス」と言われる、この6人とは、スーパー・ドラゴン、エクスカリバー、ディスコ・マシーン、トップ・ガン・タルウォー、スコット・ロスト、そして、ジョーイ・ライアンのこと。とくにここ数年は、目の肥えたプロレスマニアをも唸らせるほど、想像を超えた凄い試合を行うことから、WWE(NXT)のウィリアム・リーガルや、レスリング・オブザーバーのデイブ・メルツァーなどのうるさ型の関係者も訪れるくらい業界内部からも注目を浴びている。私が好きな試合は、ちょっと古いが、三年前に行われたスーパー・スマッシュ・ブラザーズ対ヤングバックス対フューチャー・ショックの3WAYラダー戦。WWEレッスルマニア17での、ハーディー・ボーイズ対ダッドリー・ボーイズ対エッジ&クリスチャンの伝説のTLC戦に匹敵する“神試合”。

ROH DVD「Ring Of Honor:Year Five 〜2006年のROH」《ROH2006年名勝負集》

「2006年のROH」ブライアン・ダニエルソン(現WWE ダニエル・ブライアン)が、ROH史上最高王者と誰もが認める凄まじい活躍をし、サモア・ジョー、ホミサイド、オースチン・エリーズ、ロドリック・ストロング、ナイジェル・マッギネスら好敵手たちもそれに呼応して、リング・オブ・オナー(栄誉のリング)の名に恥じない素晴らしい試合が続出したのが、このROH5年目の2006年であった。また、日本からNOAH、ドラゲーの選手も参戦し、世界に誇るジャパニーズ・スタイルの高度な攻防を繰りひろげ、アメリカのプロレスファンに衝撃を与えた。特にKENTA(現WWE ヒデオ・イタミ)の活躍は大喝采を浴び、その名をアメリカマット界に知らしめた。前半には、同じフィラデルフィアが本拠地のCZWと“フィリー版仁義なき戦い”とも言われた抗争が勃発。CZWのお家芸CODことケージ・オブ・デス(金網デスマッチ)での軍団対抗戦が、敵地ROHのリング上で行われた。対抗戦の最終試合としておこなわれたBJウイットマー対ネクロ・ブッチャーの試合で、私はこの抗争劇の一番の功労者ともいえるBJウイットマーに感動し、涙したことも付け加えておきたい。後にROH王者となる“爆弾小僧”デイビー・リチャーズが、ROHデビューを果たし、その若々しく、荒々しい切れ味鋭いファイトスタイルで頭角を現し、将来を担うべく若手有望株として期待された。2006年のROHは、成熟しつつありながらも、まだ成長し続けていく可能性に満ち溢れ、より一層の高みへと昇華していく途中の一年に過ぎなかった・・・。ROH DVD「Ring Of Honor:Year Five」(ディスク 1)1. AJスタイルズ vs. マット・サイダル(2006年1月14日「Hell Freezes Over」)2. CMパンク&ブライアン・ダニエルソン vs. ジミー・レイブ&アダム・ピアース(CMパンクが一夜限りのROH復帰 2月11日「Unscripted」)3. サモア・ジョー vs. ジェイ・リーサル(2月25日「4th Anniversary Show」)4. Blood Generation(CIMA、土井成樹&吉野正人) vs. Do Fixer(斎藤了、堀口元気&ドラゴン・キッド)(3月31日「Supercard Of Honor」)5. ブライアン・ダニエルソン vs. ロドリック・ストロング(ROH世界王座戦 3月31日「Supercard Of Honor」)6. ホミサイド vs. コルト・カバーナ(シカゴ・ストリートファイト戦 4月1日「Better Than Our Best」)(ディスク 2)7. AJスタイルズ&マット・サイダル vs. ブリスコ・ブラザーズ(4月22日「100th Show」)8. ブライアン・ダニエルソン vs. デリリアス(5月13日「Ring Of Homicide」)9. ケージ・オブ・デス:ROH軍(サモア・ジョー、BJウイットマー、アダム・ピアース、エース・スティール&ブライアン・ダニエルソン) vs. CZW軍(クリス・ヒーロー、クラウディオ・キャスタノーリ、ネクロ・ブッチャー、ネイト・ウェッブ&エディ・キングストン)(7月15日「Death Before Dishonor IV」)10. BJウイットマー vs. ネクロ・ブッチャー(ノーロープ有刺鉄線デスマッチ 7月28日「War Of The Wire」)11. サモア・ジョー vs. AJスタイルズ(8月4日「Time To Man Up」)12. ブライアン・ダニエルソン vs. ナイジェル・マッギネス(ROH世界王座&ROHピュア王座二冠統一戦 8月12日「Unified」)13. KENTA&丸藤正道 vs. ブリスコ・ブラザーズ(9月15日「Glory By Honor V Night 1」)(ディスク 3)14. オースチン・エリーズ&ロドリック・ストロング vs. キングス・オブ・レスリング(クリス・ヒーロー&クラウディオ・キャスタノーリ)(ROH世界タッグ王座戦 9月16日「Glory By Honor V Night 2」)15. ブライアン・ダニエルソン(ダニエル・ブライアン) vs. KENTA(ヒデオ・イタミ)(ROH世界王座戦 9月16日「Glory By Honor V Night 2」)16. オースチン・エリーズ&ロドリック・ストロング vs. KENTA&デイビー・リチャーズ(11月3日「Honor Reclaims Boston」)17. キングス・オブ・レスリング vs. クリストファー・ダニエルズ&マット・サイダル(ROH世界タッグ王座戦 11月25日「Dethroned」)18. ブライアン・ダニエルソン vs. サモア・ジョー(金網戦 ROH世界王座戦 12月8日「Chicago Spectacular Night 1」)19. キングス・オブ・レスリング vs. ブリスコ・ブラザーズ(12月22日「International Challenge」)20. ブライアン・ダニエルソン vs. ホミサイド(ROH世界王座戦 12月23日「Final Battle 2006」)http://blog.livedoor.jp/freebirdsshop/archives/52284665.html